練習の成果

エブリスタで公開されてる『触れたら その先』(間中ことは様)の挿絵があるページに、読者の方から、「このポーズが描けるなんて」というコメントをいただきました。

 

そうなんです…これ描くとき、「描けるのかな、私」と思いながら描きはじめたんですよね(笑)。

小説から読み取るとこういうことなんだろうと、頭の中にイメージはあるんですけど、それを描き出すことができるのか……。ピッタリ同じ、という資料はふつう見つからないので(しかもフリーとは限らないし)、片方女性だったり、脚にまたがってるけどブランコじゃなくてソファだったり、ブランコに二人で向かい合って乗ってるけど空中に浮いてたりとか(なんか、高い木にブランコが取り付けられてるっぽい)、そもそもキスしてないとか。

そういう複数の資料を部分的に参考にしつつ、どうにか自分で描き起こしていきました。

読者として読んでいて一番好きなシーンで、愛しくて幸せで、でもどこか刹那的な胸が苦しくなるような描写なので、私の画力の及ぶ限り、正確に絵にして見てみたかった…。これが描けてしまった(?)ときは、何か、日ごろ努力が報われたというか、自分でとても嬉しかったです。

そして、今日の練習。



あ、この右上の絵。デッサン人形のポーズ集見て描いてて、「飛びつく」です。空港とかで帰国した恋人との再会を喜ぶあれですね。あと三つ描く。(性描写も練習したいと思いつつ…)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA