こちらは普通に

ツイッターの方にしばらく留守にするお知らせを出しましたが、PrinceHigherの方は通常です。ツイッターやってないと寂しくなっちゃうから、むしろこっちに出没する率上がると思います(^^)/


続きを読む →

お礼画面が表示されるようになりました

サイト内のあちこちにある『いいね♡』ボタン、中身はWEB拍手システムです。
ツイッターの「いいね」みたいなのを設置できるプラグインもあるらしいんですが、他のユーザーに見えない形でポチしたりメッセージ送れたりするこのシステムが好きで。


懐かしの「お礼画面」も設置できるのでやってみました!
残念ながら1枚しか設置できない仕様みたいなので(昔、拍手するたび切り替わりましたよねー)、ときどき差し替えていきたいと思います。(あ、でも、差し替えて使わなくなったものは後でまとめて公開する予定です)

ちゃんと描こうと思うとなかなか変えられなくなっちゃいそうなので、お絵描き・落書きクオリティのものを上げていこうと思います。どういうタッチで、どういうネタで描くのがいいのかなあ?と考えつつ……

とりあえず懐かしい人を描いてみました。
各ページ・記事の左下の方にボタンがあるので、動作確認もかねてポチしてみて下さいね。

赤組白組

進行中のAct.5、『海桐戦』では、海陵が赤組・桐峰が白組、というイメージで作画しています。漫画の方はモノクロなので、トーンの濃さが違うだけになっちゃうのですが、練習で描いているものに色をのせてみました。

細いけど男子の体型で、体のラインが出るようなシャツの着方をしてほしいなー…と練習してます。
キングたちよりクイーンたちの方が、いつも作画にこだわりがありますね。



 
OEKAKIのところにキングたちと芳野も並べてあります。


『KING&QUEEN Act.5』(p59~75)を公開しました。

Act.5、17枚更新しました
途中、Act.6のことをお尋ねしたり小説の絵のことでバタバタしたりと、手が止まってしまう時もあったわりには良いペースで描けた感じです。次回でAct.5完成なので、早めにお届けできるよう頑張ります。

今回の高架下のシーンは、私としては(笑)ラブシーンです!
単行本版にはなくて、光馬の感じていることをきちんと描きたくて入れました。
ストレートに言ってしまうと、「貴生が俺を選んだのは、綜馬の弟だからで、俺自身を見たわけじゃない」ってことを、、桐峰の二人の関係を見て、普段はあまり感じないのに考えてしまった…そんな光馬の気持ちを受け入れた上で払しょくする貴生…ということなんですが、いかがでしたでしょうか。皆さんに伝わってるといいな。




先日、お仕事で作品作りに関わっておられる読者さんに、お話(DM)を伺う機会がありました。

KQの読者さんとしての視点と、一般的な多くの読者・ユーザーを意識したプロとしての視点と、両面から分析していただいて、いろいろ「なるほどなあ」と納得させられました。

今回の更新分にも言えることだとおもうんですが、K&Qに登場するキャラクターたちの言動って、どう解釈されるかが人によって異なるみたいなんですね。

 

続きを読む →

『触れたら その先』挿絵集

『触れたら その先』の挿絵がすべて完成です。文字入りの方を並べてみました。