春の海を手をつないで

 


「少し歩かない?」

そう言うと静流は、俺の返答を待たずにハンドルを右に切った。

柔らかく整った横顔の向こうに、春の陽を受けてキラキラと光る海が広がる。
注ぎ込む日差しで車内は暖かいけれど、3月初旬の潮風は、まだかなり冷たいだろう。

静流は車を海沿いの駐車場に滑り込ませると、
「あそこから降りられる」と、色あせた看板を指差した。

「寒いと思いますよ」
一応止めてはみたが、すでにキーを抜いて、外に出ようとしていた。
この春の海が、よほどお気に召したのだろう。

俺は二人分のコートを手に、後を追った。


砂浜につながる階段を、静流は足早に降りて行く。
夏になれば海水浴客であふれるのであろう海岸には、誰もいなかった。

予想した以上に風が強い。
そして予想した以上に、砂浜に立って見る波は輝いて見えた。

「きれいだね」
並んで歩きながら、海の方に向けた視線をこちらに移すことなく、静流はそう言った。

(今日は横顔ばかり見ているな・・・。)

靴を濡らさないよう、寄せる波をよけるたびに、二人の肩がぶつかる。


ふと、手を繋ぎたいと思った。


一緒に暮らしていても、幾度の夜を重ねても、
外でお互いに触れることは避けるようにしていた。それは、暗黙の了解だった。

浜辺には他に誰もいなかったけれど、
ほんの少し腕を伸ばせば届くその手を握ることは、やはりためらわれた。


海からの風が、陽に透ける静流の細い髪を乱す。
邪魔そうに何度もかき上げたり押さえたりするけれど、それはほとんど無意味のようだった。
普段は隠れている耳から首筋のラインが露わになって、
俺はこみあげてくる衝動を抑えるために、目をそらした。

 

「痛・・・っ」
突然、静流は下を向いて目のあたりに手を当てた。
「どうしましたっ!?」
「髪が・・・いや、砂かな、目に…。でも大丈夫」


「こっちを歩いてください」
俺は、左右入れ替わって、風上になる海側に回った。
身長はほとんど変わらないので、どの程度意味があるのかは疑問だが、
静流は、片方だけ潤んだ目で、「ありがとう」と答えた。


「君の言った通りだ」
「え?」
「確かに、寒い」

そう言うと静流は肩を寄せて来て、冷たくなった指を、俺の手に絡めた。
そしてにっこりと微笑んだ。


―――ああ・・・どうして貴方は。


俺の心を読むことができるのか。

それとも最初から、
寒かったらこうすればいいと思っていたのか―――。

 

「そろそろ、車に戻ろう。君が風邪をひいてしまうよ?」
風よけの効果が一応はあるのだろうか、心配そうに静流が言った。


「いえ、もう少し…このまま歩きましょう」


Fin.