Merry Christmas to Santa Claus

「ありがとう、サンタのお兄さん!」

満面の笑みでケーキの箱を受け取った男の子は、本物のサンタクロースに、何をお願いしたんだろう。
イブの夜にケーキを買い求める人たちに誰も幸せそうで、この赤い衣装への抵抗感も少し和らぐ。


―――――静流は、今頃どうしてるかな



「24日は、立花教授の家でパーティ―なんだ」
まるで、バイトの予定でも話すかのような口調でそう告げられたのは、静流の試験が終わった 16日の夜だった。

医学部の立花教授は、静流の母方の叔父にあたる人で、老齢の母親と(つまり静流の祖母と)、広い邸宅に二人で暮らしている。独身で子供のいない彼は、静流がこちらの大学を受けることを強く望んだそうだ。

「綜馬も一緒にどう?」
「―――いえ、俺は」

親戚や教え子が集まる席に自分は場違いだろうし、何より、静流の口から、「高校の後輩」とか「ルームメイト」と紹介されなければならないことが、気が重かったのだ。
それを察してか、静流は、無理に誘いはしなかった。


去年の年末は、一緒に早めに帰省して、連日、クリスマス会かクラス会かわからないような集まりに、それぞれ、あるいは二人でに参加して、24日は結局、自宅で光馬とケーキのデコレーションを手伝っていた。

だから今年は、静流と二人で過ごす初めてのクリスマスイブになるはずだった。


特に、イブの夜に計画があったわけではない。
ただなんとなく、一緒に過ごすものだと思い込んでいた―――


一人留守番かと思っていたけれど、たまたま通りかかった洋菓子店で“急募”の貼り紙を目にして
俺は、イブの夜はケーキを売って過ごすことにした。


店先に出したテーブルで、予約品を引き渡し、当日販売分がなくなったら仕事は終了。
でも、6時を過ぎたころから急に客が少なくなって、残り3つがなかなか捌けない。


今朝、先に家を出る俺に静流は
「やっぱりサンタの格好をするの?」と楽しそうに尋ねてきた。
そしていつものように、「気を付けて」と頬を寄せて見送ってくれた。


たぶん静流にとって、クリスマスは、二人の間で大切にする日ではないのだろう。

5月の俺の誕生日には、「誰よりも先に、僕が綜馬におめでとうを言うんだ」と、ベッドで日付が変わるのを待って、
言葉の後に唇を重ねた―――そういう特別な日とは、違うのだろう。



仕事帰りのサラリーマンらしき男性が、続けてふたり、急いだ様子でケーキを買って去って行った。
誰か、待っている人がいるんだろうか。
そして、最後の一つがテーブルの上に残った。


「それ、もらえる?」
ケーキを見ていた俺は、その声にハッとして顔を上げた。

「―――静流」

ドレスシャツにネクタイという服装に、コートを羽織って、静流が目の前に立っていた。
「パーティーは…?」
「ちゃんと顔出してきたよ。結局、立花教授は緊急オペで帰ってこれなくて会ってないんだ。
 おばあ様の方は、小さくてかわいい従兄弟たちに任せてきたから大丈夫。
 ―――はい、これ」
静流はケーキの代金をテーブルに置いた。そして一歩下がって
「何を着ても似合うね」
と笑った。褒め言葉と取っておくことにする。

「これ、どうするんですか?」
たった今売れた最後のケーキの箱を手渡す。

すると静流は、静かに微笑んでそのまま僕の方に返した。

「Merry Christmas」
「え?」
「ごめん、何のプレゼントも用意してないんだ」


それは俺も同じだった。
ずっと考えていたものがあったけど、望まれていない気がして、買うのをやめてしまったから―――。


「僕はね、クリスマスって、わりとどうでもいい方なんだ。集まって食事したり、子供にプレゼントをあげたりするのは悪くないけど、べつに、僕にとっても君にとっても、特に意味のある日じゃないから」
「…そんな感じなのかな、って思ってましたけど」

「でも、さっき気が付いたんだ」
俺はケーキの箱を手にしたまま、静流の言葉の続きを待った。

「クリスマスは、1年のうちで君と過ごせる特別な夜を、1日増やしてくれる。」

これを利用しない手はないみたいな顔をして、静流は楽しそうに笑った。

一緒に過ごしたい人がいることが、イブの夜の意味を変える―――

「できれば今すぐ君を持ち帰りたいんだけど…―――あとで一緒に食べよう」
そう言って静流は、ケーキの箱を手に、イブの夜の街に紛れた。


時計は8時を回っていた。
急いでサンタの衣装を脱いで、特別な夜を愛しい人と過ごそう―――

Fin.